2008.3.6 忙しくしていますよ

久々に見てみたらまだぽつぽつ人が来ているようなので・・・

当日記は満杯になったのでこっちに移行しました。よろしく。
[PR]
# by south-n | 2008-03-06 16:14

2007.12.14 幕尻は新薬師寺の十二神将ってとこかな

オカピと地元で有名な蕎麦屋、本むら庵にいく。
いろいろ食べてみたいが、最初の店だからストイックにせいろ。あと卵焼きと蕎麦豆腐。
卵焼きはしっかり、でもふんわり。蕎麦豆腐は豆腐とわさびと葱とタレがもう、ハーモニカル(そんな単語あったか)うますぎる。
蕎麦は、薬味のわさびが本物で、自分で摩り下ろせるようにちっちゃいおろし金といっしょにでてくるところにまず感動。わさびをおろすと香りがスーッとしてめっちゃいい。蕎麦はなんていうの?見た目は上品な半透明。タレにちょっとつけて口にいれると清涼な香りが鼻に広がって、歯に適度な弾力があたり、しかも喉越し最高。タレもうまいしわさびは香りがあるのにぜんぜんツーンとしない・・・なにこの妖精の羽根のような繊細な食い物は。私が今まで蕎麦だと思って食べてきた食べ物とは次元が・・・違うッ!!
と、ひとしきりよしながふみ的なノリで感動する。
蕎麦一枚でこれだけの感動を生むとは、恐ろしい。

蕎麦屋で長居はしづらいので、それから我々にお似合いの旧デニス邸(デニーズ)へ移動。あの蕎麦を食ったあとに妙なものを舌の上に乗せたくないと思いドリンクバーだけ飲んでたら、空腹で手足の熱が奪われてゆく。うわあ・・・いちおうあれが夕食だったのに、蕎麦めっちゃヘルシー・・・・。このままでは寒空のした家まで帰り着くことすらできないと判断し、夜中にビーフカレーを食らう。
一人客ばかりが黙黙となんか書いてる横で、仏像番付を作成したりする。東の横綱は東大寺法華堂の不空ケン索観音像。イメージ的には大鵬。ちなみにカド番中の西の副大関は定朝。イメージは魁皇。定朝がんばれ!と本気で応援しはじめたとき一瞬われに返るオカピ。
まさかのるろ剣、及び久々の指輪話し。行くたびに違う俳優がウェルカムって言ってくれる公式サイトとかいってめっちゃなつかしーーー!!!そういえば狂ったようにクリックしまくった。
「声だけで誰だかわかるのもどうかと思うけどね・・・」
・・・そういう疑問には当時は気づかなかったわ。まあ指輪は青春をともにしたよね、無駄に。あとジャンプ。高校から大学にかけての思い出をマンガの連載時期と映画でたどれるのって、どうかと思うけどさ・・・・
あのころはそんなことを夜中にMSNメッセンジャーで話しまくってた。学校で毎日顔あわせてんのに、意味わかんねえ。おかげでタイピング早くなったが、当時の他の高校生って果たしてそこまでパソコン駆使してたのかな・・・・いろんなサイトとか毎日見て回ってたのかな・・・
もっともそれは今でも言えることですけどね!
そんな高校生はスクスクと成長し、いまやコメントが流れない動画は寂しいと感じるまでになりました☆ありがとうございます☆
[PR]
# by south-n | 2007-12-16 03:28 | 雑感

2007.12.15 とりあえずネットしてだべって寝た

帰宅中の中央線内で、前に立っている気合の入った風のお兄さんが両耳にデカめのピアスをしていた。ピカピカしたやつで、直径1センチ強の円形。ピアス穴が耳の端にあるのかそれともそういうデザインなのか、両方とも耳の輪郭からちょっと飛び出している・・・・


ああああ力いっぱいひっぱりてええええええええええええ


耳に対して不釣合いにでかいピアスつけてる人とか、口とか鼻とかあらぬところにピアスつけてる人を見ても思うけど、これはもう引っ張ってくださいと言わんばかりの半端な出っ張り方・・・
ああもうブチッとしたくてたまらない、満面の笑みでブチッとやりたい。(きっとブチッて音がすると思う)
この気持ちを抑えるために両拳を堅く握りつつお兄さんの顔をガン見しながら、自分の駅まで耐えた。
[PR]
# by south-n | 2007-12-16 02:57

2006.12.11 とりあえず・・・なにしよう?

発表終わったあああああああああああ

今回は思ったより余裕あったよ。原稿が発表の24時間以上前に出来たし、スライドもその時点でほぼ決まってたし。文献表は先週出したし。
先生に「プレゼンテーションをしっかり!」と鬼のように言われたので、地理・歴史・図像などの基本的な事項の説明にけっこう時間を割く。でもそしたら見てた人にはわかりやすかったらしく、先輩に発表面白かったよと言ってもらえたのでよかった。
修論中間発表とか言いつつ実質はこの3週間くらいで超速でしあげたので内容が薄っぺらなことは否めないが、とにかく自分の考えを、手持ちの材料を組み立てて論理的に運んでいけたと思う。

自分の備忘として書いておくと
①リーグル&ボーリンガー&ドイツ野郎どものエジプト美術の定義(主観排除して客観的に表現しようぜ。外界カオスだから。空間とかいらないよね。あれ主観だから。むしろズンズン平面化していこうよ)→②じゃあ新王国の「自然主義」はどうなるんだよ?ていうかお前はどの作品を根拠にそれを言ってるんだ→③とりあえず基本だから古王国の人体のカノンを検討してみようぜ→④視点バラバラ接合平面上組み立て制度→⑤テーブルシーンの「右手」問題もそこから解決できるっぽい→⑥でも足が両方同じなのは明らかにおかしいよね→⑦似た物で足がちゃんとしてるのと比較してみよう!→⑧唐突にもアッシリア。サルゴン2世。これも前の足がでっぱってるわけではないけど、それでもこれと比べるとエジプトは明らかに平面でしょ?→⑨手もそうだけど、あいつら平面化著しいよね→⑩アッシリアは人体を統一的に表現しようとしてるからちょっと空間入ってる。→⑪ここで残念なおしらせ。外界の事物の絶対的価値を平面上で確立することと、有機的な人体表現は両立できません☆なぜならそこには必然的に空間性が付随するから♡→⑫エジプト人は人体をバラバラにしても後悔しないくらい物を平面化したくてたまらないんですよ。→⑬まあその結果としてたまにJガイルの旦那みたいな(両手が左手)とんでもない人体つくっちゃうんですけどね・・・→⑭中王国もひきつづきそんな感じですよ(バニ・ハサン?しらねえな)→⑮新王国時代はちょっとノリ違うよね。遠近法とかいって。古王国的にはありえない。→⑯側面観大流行ですよ。なんなのこいつらどこにいこうとしてるの・・・→⑰アクナートンは結局なにがしたかったわけ?
最後は必殺「今後の課題といたします」でシメ。
新王国の美術は好きになれない。したがってあんま調べてないので分からない。
私は古王国原理主義者ですから。
[PR]
# by south-n | 2007-12-11 23:24 | 勉強

2007.12.6 冬眠したい

b0005882_231253.jpg

カルナック神殿かルクソール神殿の一角
もはや日記の態を為してないじゃないか。
最後に書いてから今日までなにがあったっけ・・・

・絵巻物の発表があった。例によって2徹くらいで仕上げたので死にそうだった。其の割に出来はまあまあだったと思うが、細かいとこを詰められず、スライドにキャプション入れなかった上に基準作の年代をぶっちぎった☆
それにしても文献が全部日本語とかいって、日本美術すばらしくない?資料読むのがめっちゃ早かった。もう瞬速だね!英語が遅すぎるだけってのもあるけどね!

・館クガウショの説明会に行った。社員さんが部署ごとに一人ずつ説明してくれて質問に答えてくれるという形式。仕事熱心で人当たりのいい人を選んだんだろうな・・・という感じではあるが、風通しの悪そうなところでは無い。むしろフル稼働。
少年誌担当の人にマンガ家の裏事情ばっかりしつこく質問してるヤツが迷惑だった。何しにきたんだ?

・あとンノヤキの説明会にもなぜか行った。自分がどうしてここに申し込んだのかほとんど覚えていない。休みはしっかり、給料も良いと好条件だが、雰囲気に隙がなさすぎて自分がここで働けるとはとうてい思えない。内定者の人に質問することができたので、どういう大学の人が多いか聞いてみたところ
「早慶ですね」(微塵の悪意もない爽やかな笑顔で)
それも体育会系サークルですか☆どうも失礼しました、私と人種が違ってました!

・来週火曜の修論中間発表にむけてレジュメ作ったりしてた。もうダメだ絶対しぬしぬしぬ

・修論&卒論の提出まであと半月を切り、先輩たちのテンションがヤバい。

・六本木のサントリー美術館へ。すごく行きにくいし見つけづらい。これだから六本木は嫌いだ。六本木は六本木らしく成金相手に水商売でもしてろ。

・ファレル経由で、高校のときの私が知らない男子に神認定されていたことが発覚。廊下ですれ違うときは緊張しながらそっと道をゆずっていたとか聞いて地味にショックを受ける。マジメでおとなしい私がなぜこんな目に・・・というかお前ら誰だよ。と思っていたら、博士のIさんは預かり知らないイジメの首謀者にされたことがあるとのこと。自分よりも不幸な人がいたんだと思い、やや慰められた。

・ユリイカの荒木特集、巻頭対談にいるお腐れ様を誰かどうにかしてくれえええええ

・あなたそれって絵に描いたような転落コースでは・・・・。

・『岸辺露伴は動かない』を読むためにジャンプスクエアを買う。藤崎竜と思わぬ再会。この人のマンガはいつ読んでもハラハラする。(内容的な意味ではなくて。)他の掲載作品のつまらなさに驚愕。説明台詞しかないんですが・・・・?

・オカピと頻繁に会いすぎていてキモい。オカピ・発表・オカピって、私のスケジュールどういうこと?

・忘年会に千代大海の店を使おうとしたら、ひと月前に潰れてた(笑)
バカ千代・・・・
[PR]
# by south-n | 2007-12-06 23:02 | 雑感

2007.11.15 九州場所千秋楽

千代大海使えねえええええ!


その一言に尽きる千秋楽。果てしなく微妙だった。
あそこで負ける白鵬にもかなり問題あるけどね。琴ミッキーは空気を読んでほしい。
魁皇はやはり引退しないとのこと。「飽きられるまでやるのも道」・・・お前も空気よめ。
いま引退すれば花道だったのになんでわざわざ苦しい延命を・・・・!
友人たちとのおおかたの予想では
来場所序盤まったく勝てず、7日目から休場→大阪場所で負け越し、引退

それでも最後まで魁皇を応援するよ!
[PR]
# by south-n | 2007-11-29 00:43

2007.11.24 九州場所十四日目

魁皇勝ち越したあああああああああああーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

うおお!!

ぬあああ!!!!






ふう。ちょっとテンション上がりすぎた。
今場所はもう三日くらいで引退だと思ってたからまさかまさか勝ち越せるとは思ってなかった。
てかもう魁皇本人以外は誰も勝ちこせるとは思ってなかっただろう・・・。
しかしこの先どうすんのだろうか・・・
勝ち越しても場所後に引退って報道もあるが、でも一紙だけだし本人が言ってるわけじゃないしなあ。
とりあえず勝ち越し嬉しい。


優勝争いの千代負ける。白鵬との直接対決を十四日目にもってくる意味がわからん。協会はなにを考えているんだ。それともなにも考えていないのか。


幕下に落ちてた武雄山引退。ケガが苦しかったね・・・。
相手に向かってイノシシのように突っ込んでいく相撲が好きだったが、寂しい。

先日の若ノ鵬のすごい変化、すぐ変化しやがってこれだからレスリング出身は。と思ってたが追手海の八艘跳びリスペクトだったのか・・・。はじめて相撲見た日に追手海の八艘跳びを見ていつかやりたいと思ったとか言って、ちょっといい話じゃないかちくしょう。
[PR]
# by south-n | 2007-11-24 20:02 | 相撲

2007.11.21 九州場所十一日目

安美錦(今日のオレいける予感・・・)
行司「待ったなし!」
魁皇(憂鬱だなあ・・・相撲とりたくね)
安美錦(ちょっと、早く立ってよ)
魁皇(あ~なんかもう帰りたい・・・)
安美錦(これ立つの?立つの?)
魁皇(これ立つ空気?それとも待った?どうなの?)
安美錦(これ待ったかな)
魁皇(まあいいや立っちゃえ)
安美錦(え!?立ったし!これやるの?)
魁皇(当たったけどこれ待った?待ったかなあ?)
安美錦(これ待っただよね??)
行司「はっけよーい!のこった!のこった!」
安美錦(ちょっと!やるのかよ!)
魁皇(あ、やば)
アナウンサー「はたいたー肩すかし!魁皇の勝ち!」
魁皇(やっちゃった・・・☆)
安美錦(最悪。行司マジ空気よめ)



そんなかんじの今日の魁皇6勝目。
どうなるか・・・読めねえ・・・・
[PR]
# by south-n | 2007-11-22 00:39 | 相撲

2007.11.20 九州場所十日目

魁皇「負け越したら引退」


…むしろ負け越すまでやるつもりなのか?
[PR]
# by south-n | 2007-11-21 17:15

重い…

b0005882_232343.jpg

あああ腹いてえ!

例えるならボディーブローをくらった直後の腹の鈍痛&脚がうまく動かない状態。それが一日中続く。造物主がいるなら呪ってやる!!


痛み以外のことが考えられないので寝ます。
[PR]
# by south-n | 2007-11-13 02:03

2007.11.12 九州場所初日二日目 魁皇・・・。魁皇!!?

b0005882_223397.jpg

ウィリアム・モリス
今場所もM家にお邪魔し、相撲観戦。
この力士筋肉衰えたんじゃない?とか、肌ツヤいいねという話しをしていたところ相撲ファンでない同級生に「デ○専なのか」と言われる。

ちげええええ!我々は力士をそんな不純な目で見ていない!
言うなればバイクとか競走馬を見る気持ち?
時速200キロなんて実生活で絶対に出さないけど、でもそういうバイクってかっこいいよね。という純粋な気持ちで力士の体格を見てんだ!特殊な性癖の人といっしょにするな!


で、魁皇ですよ。負けかたがあまりにひどかったので、これは明日の雅山には勝てそうもない・・・・明後日くらいには引退だとしんみりと語り合う。
それで今日見てたら三日目の対戦相手は琴奨菊だというので、若手だし同郷だし現役最後の相手としてはぴったりじゃん!と悲しいながらも盛り上がってたら、え?魁皇なに雅山に圧勝してんの?お前は明日の取り組みで次の世代にバトンを渡して去るんじゃないのか?
とことん流れを無視する男、魁皇。これだからファンはやめられません。
[PR]
# by south-n | 2007-11-12 22:33

2007.11.9 無理です無理無理

修論に対するモチベーションがあがらねえ。就活以上にあがらねえよ。
b0005882_22351983.jpg

逸翁美術館本・大江山絵詞
こんどこそ魁皇引退かな・・・。序盤かぎりだろうな・・・・。
いざ引退となったらきっとマジ泣きだ。そして一ヶ月くらい凹んでいると思う。

母が明日誕生日なので、学校帰りに新宿によってマリーゴールドの花束とケーキとプレゼントの画集を買って帰る。地元での帰り道、もう卒業した同級生にばったり遭遇。しばらく近況をだべる。近所に住んでいるとのこと。
[PR]
# by south-n | 2007-11-09 22:37 | 雑感

2007.11.4 足ばっか洗うわけにもいかないだろ

b0005882_17915.jpg

カイロ旧市街のなんとかとかいうモスク
好きな言葉はなんですか?と聞かれた。
そんなときは「世人皆濁らば なんぞ其の泥を乱して其の波を揚げざる 衆人皆酔わば なんぞ其の汁を啜らざる」(原文にあたってないので不正確かも)と逆ギレ気味に答えたいが、さすがにそれは無理。なので、詰まらんなと思いつつ無難に答えておく。

今欲しいもの:静かな暮らし
[PR]
# by south-n | 2007-11-05 01:18 | 雑感

2007.10.30 (時と場合によっては不)寛容は美徳

b0005882_2313714.jpg
ヴェネツィアのサン・マルコ広場に面した美術館。たぶん。

先日オカピと話していたんだが、ロッカーは30歳までに死ぬべき。
よほど優秀なのは40まで生きていてもいい。
でも他の人は20代のうちにヤク中かエイズか自殺で死ぬべき。あとアルバムは二枚まで。
これでみんな伝説になれるよ☆
まあ具体的には某アクセルさんのことですが。あいつは90年代初めに死んだと私は信じてる。今いるあのおっさんは、ニセモノ。

タランティーノの新作『デス・プルーフ』が、怖くて見にいけないうちに終わってた。
いいや、DVDで見よ。出来がひどかった場合のショックが少しは和らぐだろうから。
どうかすべてのタランティーノファンに神の加護あれ。
[PR]
# by south-n | 2007-10-30 23:09 | 映画等

2007.10.26 六月の少女たち

気になっていたよしながふみの対談集を貸し本屋で発見し、借りる。

まだ全部読んでないが、しょっぱなからエイリアン通り、陸奥A子、ヘンリー・ダーガーなど気になっていた用語が連発されてやがる・・・!
やばい、この本の殺傷力の高さはヤバイ。
とにかく一番最後のよしながと萩尾望都の対談が気になりすぎて落ち着かないので、ずるして最後から読む。

・・・・・・・・・・・

いきなり萩尾とよしながが『NANA』について話し合ってるんだぜ!もうたまらん!死ぬ!
萩尾の前だとよしながが完全に一ファンでそれも可愛いんだが、書き手ならではの恐ろしく突っ込んだ質問もしててこれはすげえ。残酷…のグレッグからバルバラの時夫のくだりなんか、他の人間にはまず聞けんだろ。それに萩尾もすごく率直に答えてて、そりゃよしながも唐突にありがとうございますって言っちゃうよ!
もうよしながグッジョブ。週刊少年荒木飛呂彦のときの船越英一朗並のグッジョブ。

あと志村貴子と羽海野チカとの対談も読んだが、おもしろすぎる。そんなにぶっちゃけて大丈夫なのかってくらいおもしろすぎる。
そして文章を読みながら「マジかよ!」「だよねーー!」って声だして突っ込む自分、キモイ。
[PR]
# by south-n | 2007-10-26 22:40 | 読書

2007.10.12 まがりなりにも

b0005882_21373553.gif
Fra angelico, La conversion de Saint Augustin
発表終わった・・・

しかし後期は毎月発表があるんだよね☆
つまりあと3回あの死ぬ思いをしなきゃいけないってワケだ☆
ゴシック→絵巻→修論→キュビスム(ブラック)
とかいって相互の関係も一切ねえ。
てかキュビスムって(笑)。修論もマジでやってないしな。
ああほんとうに無理です。
[PR]
# by south-n | 2007-10-12 21:38 | 勉強

2007.10.8 昼寝をしても夜中に眠くなるのはどういうわけだ

なんで自分さあ、15世紀ドイツの木彫家についてこんなに詳しくならなくちゃいけないんだと思う?
おまえのドレーパリーなんて 知 ら ね え よ
b0005882_612827.jpg

ハンス・ムルチャー シュテルツィング祭壇
A.先生がマニアックな授業を展開したから
[PR]
# by south-n | 2007-10-09 06:01 | 勉強

2007.10.7 徹夜しても昼寝る

b0005882_742937.jpg

なんかパリの骨董市?のHPからぱくってきた画像
ほんと、なぜ直前にならないとやらないのか自分・・・
本番直前になって短時間にものすごい速さでやると自分はすごく優秀なんじゃないかと思えてくるが、そもそも優秀な人間はギリギリまでさぼったりしない。それはタダのダメ人間だ。
[PR]
# by south-n | 2007-10-08 07:05 | 勉強

2007.10.5 暢神してえよ

b0005882_1165623.jpg

Odyron Redon
学校が120周年だとかでいろいろ催しをやっている。
今日は朝から講演会の準備に参加。
日中韓三ヶ国語の講演だったため、かなりカオス。備忘:ハン天寿
講演の後、研究室で調べ物をしてから音校でやってるシンポジウムを覗きにいく。
高階秀爾の基調講演を聞きたかったのだが、もう講演終わって座談会になってた。
しかも高階秀爾いねー・・・・。前学長とかが詰まらない話をしていたのですぐに出ようと思ったら、隣の席に学科の教授きちゃったし。これでは途中退出も居眠りもできねえ。
でも開始15分ほどで先生寝てる
ラクガキとかしつついちおう最後まで座談会を聞く。しかし腹が立つので、学食でやってたなんかよくわからない国際交流かなんかのパーティーに先輩と3人で行き、ひたすら寿司やローストビーフを食いまくる。
留学生の人たちもかなりいたが、「自分が食べる前に先生方に挨拶をしなさい」という司会の先生の言葉を無視して学生はひたすら食ってた。当然の行為だな。
寿司、肉、フルーツが約20分で消滅。その後は先輩とだべり、残っていたバナナ、ペットボトルなどを略奪して帰る。先輩はバナナに加えて酒瓶を2,3本略奪。
[PR]
# by south-n | 2007-10-06 01:17

2007.9.30 もっと夏休みたい

バイトなのに腹が痛いのでむかっ腹がたった。
客のチャックが開いていたので教えてあげた。ちょっとすかっとした。

b0005882_0103771.jpg

Hieronymus Bosch
[PR]
# by south-n | 2007-10-01 00:11 | 読書

2007.9.28 こんな軟弱なものを読んで貴様らそれでも男か

貸本屋のマンガを読みきってしまったのでマンガ喫茶デビューしてみる。
(え、一人でマン喫・・・?とファレルに心もち引かれたが)
せっかくなので、普通は読まないような男の子向けのいわゆる萌系の漫画に手を伸ばしてみる。というかそういうマンガばっかり置いてある。

・・・・うっわー・・・・・・・

まあ軽く引きましたよ。ホント、しっかりして頂きたい。
しかも、いくつも読んだわけではないが、どれもだいたい状況設定が同じだよね。
これではこの分野には将来性が無いのではないかと他人事ながら心配になり、試みにあらゆる点で逆を突いたまったく新たな男の子向けマンガを、以下で考えてみた。


・ある日平凡で冴えない主人公(男)のところに、露出度の高い服装をした不思議な美少女小汚いおっさんが突然やってくる。おっさんはもちろん不思議な力など持ってはおらず、主人公を助けてもくれない。毎日家でごろごろしてご飯を食べるばかりなので、お金をあげて出て行ってもらう。(完)

・ある日平凡で冴えない主人公(男)は登校中にパンを咥えた美少女同じ学校の知らない女子とぶつかってしまい、険悪な雰囲気になる。その後学校で何度かその女子を見かけるが、お互いに「アイツうぜえ」という空気のまま、一言も会話することもなく三年間の高校生活が終わる。(完)

・平凡で冴えない主人公(男)は、上京して大学に通い始める。サークルに入ったところ、周りの女子は全員が美少女で主人公に好意をもっている別に普通の容姿で、かわいい子はとっくに彼氏持ち。(完)


ごめんやっぱ発展性無かった。
[PR]
# by south-n | 2007-09-29 03:33 | 雑感

2007.9.23 九月場所千秋楽

無事白鵬が優勝しましたね。ごーえーどーが頑張りました。安美錦もフタケタかったし、豊真将は次は新三役だ。豊ノ島も勝ち越してよかった。
昨日は国技館から銀座の飲み会に直行したが、思いがけず相撲ファンを見つけて二人で興奮して話してたら周りの人がひいてた。
b0005882_2105358.jpg

Fra Angelico
昨日の人よりけふメエル来たりて
「魁皇・・・諦めたらそこで相撲終了だよ」
返し
「安西先生・・・相撲がしたいです」
[PR]
# by south-n | 2007-09-23 21:01 | 相撲

2007.9.21 試食販売員からのお願い

b0005882_1442529.jpg

















Hieronymus Bosch
今週もスーパーの試食バイト。
一軒目は声出しが多くって疲れたが、二軒目は珍しいほどおっとりした店だった。
具体的には、「さあ~・い~っらっしゃいませ~」というようなスーパー節で声を出す店員がいなかった。
一軒目のクセでスーパー節を出してしまうと少し恥ずかしい。

試食販売をしていて思うのは、みんな何故食べないのか。
だってタダで色々食べれるんだよ?どんどん食えよ!!どんだけ日本豊かなんだよ!

それと、「ほうじ茶どこですか?」とか聞かれるのが困る。
試食の人はそこのお店の人じゃありません。
ほとんどの試食販売員はいろんな店を転々としてるから、そのスーパーにその日の朝生まれて初めて来た可能性が高い。普段使ってるお客様のほうがよっぽど詳しいですよ。
なんか聞かれても店の人呼びに行くことしかできないから。くれぐれも販売してる商品以外についての質問はしないで下さい!
あまつさえ、タイミング悪くお店の人がその辺にいないときは大福もって店中走り回ったり、必死こいてピータンを探さなければならなくなる。

スーパーの店員と外来を見分ける方法は、
・制服を着てない。なんかハンパな白シャツに自前のエプロンをしてる。
・エプロンは他の店員と同じだが、シャツが自前くさい。
・名札に名前が書いてない。番号とか、「取引先さま」「外来」と書いてある。
というところだろうか。くれぐれも気をつけてくださいね。
[PR]
# by south-n | 2007-09-22 01:46 | 雑感

2007.9.19 九月場所十一日目

安美錦が後退したのはまあ予想どおりとしても、白鵬・・・。なぜここで負けるか。
まあ豊ノ島好きなんでうれしいけど。

ところで安美錦は本気で大関になろうと思っているのかね?
安美は好きだが、大関って肩書きは果てしなく似合わなそうだよね(笑)。
もっとも千代大海が横綱目指しますって言うのを聞いたときほどの笑いは生まれないけどな(笑)。

でも魁皇がいないとドキドキハラハラ感が足らないや。
[PR]
# by south-n | 2007-09-19 23:05 | 相撲

2007.9.15 品位に関する苦情はポンペイ人まで。

例のポンペイのエロ本、ついにスキャンに成功したけど改めて見るとひどい。
これ、ブログにのせても平気なの・・・?
利用規約にも「低俗で品位を欠く(例えば猥褻な)内容の情報等を掲載すんな☆」「公序良俗又は法令に反するんじゃねえ☆」っておもいっきり書いてあるし。




でもそんなの関係ねえな。

ハイ、以下エロいですよ。部分的にはグロいですよ。汚らわしい物を見たくない人は見ないでね!




※すべて古代ローマの時代のものです。写真の出典は
 Eros a Pompei, Michael Grant, Milano, 1974
学術書ですよ。マジで。
























肩ならしから始めていいですか?
b0005882_0325447.jpg

同じ器の裏面。どうしてローマ人はこう動物ずきなのか。(悪い意味で。)
b0005882_0334023.jpg


画面に近づいてよーく見るがいいと思います。
b0005882_0394412.jpg




だいじょうぶですか?まだいけますか?限界を感じたらすかさず引き上げてね!









こいつは彫像相手にいったい何がしたいのか。
b0005882_046552.jpg

そしてムダに絵がうまい。
b0005882_048331.jpg

もちろん、こちらの需要も満たします。
b0005882_0483144.jpg




こいつらに理屈は通じません。
b0005882_0561382.jpg


ああ、私が実世界でなんか騒動起こしてこの記事が世間様に広く知られることになったらホントしぬ。
[PR]
# by south-n | 2007-09-16 01:01

2007.9.14 九月場所六日目

b0005882_23154759.jpg

安美錦いいよ!安美錦すごくいい!
魁皇は…次こそついに「い」のつくあの言葉かな…。

文化財の保存修復についての講演、むっちゃ寝た。

最近コリントス式の気分だ。
昔はドーリス式一本槍だったのに、やはり歳のせいかな。
[PR]
# by south-n | 2007-09-14 23:15

2007.8.12 フィレンツェ

バルジェッロ国立博へ。
建物が中世のままでのこっている。金持ちの邸宅かなんかだったはずなのに、この牢獄的な重苦しさはなに?ああ、ホントに中世って好きになれねえなあ☆
b0005882_404751.jpg

一階の回廊にもいろんなものが置いてある。
これ・・・・なに?
b0005882_414587.jpg

一階の展示室はミケランジェロの初期作品とチェッリーニが主。
チェッリーニは胴長で細い男の子の像が不健全で良いね。
b0005882_453776.jpg

二階にはドナテッロのダヴィデがあるが、なんか調査中らしく機械にねっころがってた。
三階にはロッビアとヴェロッキオがあって見たかったのだが、閉鎖中。またか・・・・

それから駅前のサンタ・マリア・ノヴェッラ教会へ。
併設美術館にある、ウッチェッロのノアの洪水が見たかったのだが、閉館・・・してるぜ?
・・・ガイドブックの記述ちげええええええ!
あああああああ!地球の歩きかた、許さねえ・・・・・・・・
見たかったのに!見たかったのに!!
b0005882_413460.jpg

しょうがないので本堂でマザッチオの三位一体、ブルネレスキのキリスト像、ジョットの十字架などを見る。なんといっても祭壇後ろにギルランダイオのマリア伝、ヨハネ伝がステンドグラス含めてほとんど完璧に残ってるのがすごい。
b0005882_4182824.jpg

壁画の構想はまあ凡庸なんだが、ひとつひとつの絵の完成度が高い。フレスコでここまで精細に描けるんのか・・・。上のほうを見すぎて後頭部に鈍痛。

ホテルをチェックアウトし、少し早いが空港へ。
今回は母のガイド役だったのであまり見れなかったなあ。
あとけっこう閉鎖中で見れないものもあったし・・・・。

おまけ:パリの空港で見つけた、フランス語で例の名台詞をのたまう月。
b0005882_423665.jpg

[PR]
# by south-n | 2007-09-13 04:24

2007.8.11 フィレンツェ

朝から別行動をとる。一人だから今日は遠慮なくガンガン見るぜ。
空港行きのバスを確認してから、河沿いのオーニッサンティ教会へ。
目当てはドメニコ・ギルランダイオの最後の晩餐。
b0005882_2514552.jpg

・・・だったのだが、「夏のあいだ休みます。メンゴ☆」みたいなフランクな紙が貼ってあり、閉鎖中。
何度もいうが、意味もなく閉鎖するなイタリア人!
しょうがないので本堂のギルランダイオとボッティチェリの聖ヒエロニムスを見て、ついでに無駄にボッティチェリの墓参り。
b0005882_1503293.jpg


最後の晩餐見たかったのに・・・。河を眺めてしばらく脱力してから、気を取り直してサン・マルコ広場方面へ。旧サンタ・ボッローニア修道院へ、今度はカスターニョの最後の晩餐を見に行く。
b0005882_31365.jpg


形態が単純なうえに陰影が強烈で、近代美術チックな怖さ。
b0005882_321942.jpg


ここではふつう見られないフレスコ画の下描き(シノピエ)が見れる。
次はサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場に面した考古学博物館へ。
エジプトコレクションは、数は多いが質はいまいち。古王国時代のものは少なく、見るべきものは中王国時代の女性像頭部とセティIのレリーフくらいか。
エトルリア美術もかなりあるが、キャプションがイタ語オンリーなのでわからねえ・・・。
エトルリアについてちょっと勉強しておけばよかった。
ギリシアの陶器コレクションはかなりいいものが見れる。
例によってガッチガチの黒像式のほうが好きだ。赤像式は優美すぎてどうも・・・。
この博物館はなんといってもフランソワの壷。
b0005882_312441.jpg

でけえ!こまけえ!うめえ!鉄筆の線が・・・やりやがる・・・・・

考古学博を出たところで、学科の講師の先生に激似の人を見かける。
フィレンツェにずっと留学してた人だし本人かもと思ったが、一昨年ひとこま授業をうけただけなのでいまいち確信がもてず、声をかけそこねた。帰国してから研究室に行ったら、先生は夏の間フィレンツェにいってるとのこと、やはり本人だったようだ。世界、狭すぎる。

昼食をとってから、再びアルノ河をわたってピッティ宮へ。今日はボーボリ庭園を見る。
広い。坂になってるからしんどい。日差しがめっちゃ暑い。が、登ったとこから見た景色がすごくいい。
陶器博物館などをゆっくり見て、クソ広い庭をさまよう。広すぎ・・・
ぶっさいくなバッコス(笑)。
b0005882_3303690.jpg


帰り道、先ほど通ったときは閉まっていたサンタ・フェリチタ教会が開いてたので入る。
ここにはポントルモの十字架降下と受胎告知がある。
b0005882_3322998.jpg


受胎告知の天使がすごいいいよ。幻っぽくてマジいいよ。
b0005882_3355247.jpg


スイカを食べながらアルノ河をまた渡る。サンタ・マリア・ノヴェッラ教会に行こうかと思ってたがもうすぐ閉館時間なのでやめて、またサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場方面へ向かい、同教会に入る。
ガイドブックに書いてあったとおり、今でもかなり信仰を集めてるようで祈ってる人が多かったしミサもやっていたのでジロジロ見るのは遠慮して、天使が描いたといわれてる天使像だけ見て帰る。修学旅行っぽい子供たちがたくさんいたが、教会内ではマジメにしてたのが印象的だった。

それから隣の捨て子養育院へ。人が全然いなくて静か。ブルネレスキの建築がいい。
併設の美術館は収蔵品は多くないが、ギルランダイオのマギの礼拝が見れる。
b0005882_3425715.jpg

最後の晩餐は見れなかったが、これが見れたのでよしとしよう。
ピエロ・ディ・コジモの聖母と聖人たちもあった。
b0005882_4365013.jpg

ピエロ・ディ・コジモは作品をあまり見たことがないが、才気ばしって小ざかしそうなとこが好き。

今日はさすがに疲れた・・・。明日は最終日だ。
[PR]
# by south-n | 2007-09-13 03:50

2007.8.10 フィレンツェ

フィレンツェは撮影禁止のところが多いから写真があまりない。
この日はウフィツィ美術館へ。
事前予約していたので並ばずすんだ。旅行社を通すと高いので日本から電話で予約しようとしたのだが、まったくつながらず。つながったとおもったら「今コンピュータ壊れているから来週電話して」と言われる始末。さすがはヘタリア。けっきょくあきらめて旅行社に頼む。ムダに国際電話料金を払っただけだった。

ウフィツィは去年もいったが、やはり大物がゴロゴロあって何回きても面白い。
今回特にいいと思ったのはボッティチェリのこれ。
b0005882_147213.jpg

ボッティチェリの後期の様式が好きだ。
ひっつれて悪意に満ちてて、見てると苛々してくるとこがいいと思わん?
この三人とか、三美神の裏バージョンってかんじだよな。超錯綜。
後ろの石像がみんな「ちょっとどうよ」って顔をしてるとこもいい。
b0005882_1515735.jpg


あとウッチェッロが好き。
b0005882_1542749.jpg


それからなんといってもこの人。見てると頭の芯がビリビリしてくる。
b0005882_1582074.jpg


ウフィツィを出てからすぐ次にいきたかったが、連れの母が疲れたとかうるさいのでいったんホテルに戻る。少し休んでから宝石まみれのポンテヴェッキオを通ってアルノ河を渡り、ピッティ宮内のパラティーナ美術館へ。
パラティーナ美術館には初めて来たが、昔の私設コレクションの形態のまま展示されてるのが特徴。
b0005882_26298.jpg

分類もへったくれもなく壁一面にかけられているが、美術館とちがって鑑賞にストレスがなくていい。
パッと見で分かるように、重要な絵は傾けて掛けるという荒技がつかわれている。
たまに重要な作品なのに斜めってないのもあるから油断ならないが。
ここはラファエッロとティツィアーノがいい。
ラファエッロのタッチが間近で見るとすごい。けっこう荒いけど的確で、ベラスケスっぽい?時代飛び越えてんなあ。
b0005882_2174625.jpg


今日はアントニオ・デル・サルトもけっこう目にしたが、こいつはどうも好きになれない・・・。あのブヨブヨしたタッチが、見てて気持ち悪くなる。
b0005882_3515924.jpg

[PR]
# by south-n | 2007-09-13 02:35

2007.9.11 九月場所三日目


 魁皇 ライフポイント0

・・・・・・・・。順調に若手のえじきになっています。
[PR]
# by south-n | 2007-09-11 17:58 | 相撲